メニュー

K・I - 株式会社ユーシス|基幹システムの設計・開発・運用コンサルティング

社員紹介

K・I

K・I入社9年目

従事している仕事内容について教えてください

税金を扱う基幹システムの刷新案件に携わっています。
お客様先に常駐し、スケジュール計画や人員計画からプロジェクトが抱える課題に対する改善策の立案・実行、さらにはメンバーが仕事を進めるうえでの問題解決のサポートなどリーダーとしてプロジェクト全体のマネジメントを行っています。
また、状況に応じて私自身が作業を行うこともあり、いわゆる”プレイングマネージャー”と呼ばれるようなポジションにいます。

今まで数多くのPJに携わってきたと思いますが、仕事で経験した失敗はどのような事がありますでしょうか?

プロジェクトリーダーになったばかりの頃、自分の作業に集中しすぎて、チームのマネジメントが疎かになったことです。
チームが抱える問題に目を向けられず、トラブルが起こってから問題を把握するということがありました。
幸い大事には至らなかったのですが、一歩間違えればお客様の信頼を失うところでした。

その失敗をどのように解決しましたか、または乗り越えましたか

問題が発生した直後はすぐさまお客様に報告し、一緒に解決策を考え、対処にあたりました。
”作業”と”管理”のバランスの重要さを知り、チームの問題を早期に発見し、解決するために、常に意識はチーム全体に向け、メンバーとのコミュニケーションの時間を増やしていくことで、同じような失敗を繰り返さなくなりました。

今後、どのような社員と一緒に働きたいと考えていますか

プレイヤーとしても、マネージャーとしても、自らを高めていきたいという強い気持ちを持った方と一緒に働きたいですね。
ユーシスの特徴でもありますが、管理役職がなくフラットな組織であるため、必然的にプレイングマネージャーとしての能力が養われる環境が揃っています。
そのような環境下に身を置き、周りを鼓舞し、プロジェクトを推進していきたい、そのような気持ちを持っている方にはユーシスはもってこいの会社だと思います。

若い方が多い会社ですが、下の世代に求める事はどのような事がありますか?

まずはプレイヤーとして、自分の技術力をとことん磨いていってほしいですね。
それは決してスペシャリストになれというのではなく、”自分はこの技術が得意だ”、”自分はこの分野では誰にも負けない”と思えるようなものを身に付けてもらいたいです。世界を見渡せば、まだまだ通用しないレベルのものであっても、自信を持てるものがあれば、それが成長の一番の原動力になるからです。

今後のキャリアプランをご自身としてはどのように考えていますか

プレイングマネージャーとしての能力をより一層高めていけるような現場に携わっていきたいですね。
ユーシスは常に先のビジネスを見据えた戦略・戦術で社員全員が動いていますから、そのチャンスは必ずあると思っています。そして培った技術や経験を活かし、ユーシスが起業当初から掲げる分社化戦略における、分社1社目を必ず成功させたいと思っています。
もちろん”経営者”として。

一覧に戻る

採用・その他のお問い合わせはメールにて承っております。

お問い合わせ

Copyright© 2019 株式会社ユーシスAll Rights Reserved

 たいせつにしますプライバシー